東京電気学院

 

学校概要

1984年開校
電気主任技術者試験
三種・二種・一種
電験予備校
東京電気学院


〒171-0021
東京都豊島区西池袋
3-30-10 ライオンビル5F
Tel:03-3982-6493
Fax:03-3982-6407
MAIL:info@e-denken.jp

 

HOME»  特徴と授業風景

当学院の特徴 | 入学説明会 | 電気主任技術者試験(通称:電験)とは? | プライバシーポリシー


 

入学説明会<予約は不要です>

9月9日(土) 9月10日(日) 9月16日(土) 9月17日(日)
<13時開始16時まで>



当学院の理念、指導方針などをご理解の上、ご入学いただきたいので、
お申し込みの前にぜひ、一度おいでください。

当学院の特徴

基礎固めを大事にしているので、三種の段階から理論的に系統立てて考える習慣が付きます。
公式暗記による解法指導ではありません。
授業風景

授業風景

授業風景
単なる講習会ではありません。
一人ひとりに丁寧にご指導したいと考えておりますので、授業の中ではアドバイスをする為の習得度確認のテストもあり、レベルに合わせた個人指導も行います。
さらに、実験や実際の電気設備を使った学習も実施しております。
また、合格OB達の結束力が強いので、合格後も支援や指導を受けることができます。
合格したOB達は発電所の所長、現場代理人、大小さまざまな施設や病院などの電気主任技術者、電気科や数学科の教師、電気管理事務所として独立など、様々な職種職業に就いて活躍しています。
全くゼロからでも三種は勿論、二種合格一種合格と進んだ人がたくさんいます。
経済学、法学、文学、化学、水産学、農学などの学部学科大学院卒業者、高校普通科卒業者など、全く電気を知らない人たちが、毎年、入学し合格して行きます。
哲学科卒業で編集者、経済学科卒でガス会社の営業マン、化学科出身でデパート勤務、様々な会社や商店経営、数学教師、ワインのソムリエ、鍼灸師、自衛隊員等々、挙げればきりがない程、多くの異業種の合格生がいます。
この中には、父親の電気管理事務所の跡継ぎとして成功している人もたくさんいます。
勿論、再就職して管理職に就いた人もたくさんいます。
合格後のレベルアップやブラッシュアップのために入る人もいます。
皆さん三種の予科から入ってきますが、「基礎から積み上げるとはこういうことなのですね。目から鱗です」と、驚かれます。
たとえば、「三種は公式暗記で合格したが仕事ができない、勉強し直したい」「学院の学習法で基礎の三種をやり直したい」などという人たちです。
講師はほぼ全員、当学院で電験三種から学び二種、一種と合格したOB達です。
博士や技術士、研究者も何人もいますので、電験やエネルギー管理士の学習指導だけでなく、様々な論文を書くための指導もしております。

 

授業風景


  • 実験風景

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

  • 授業風景

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

  • 寺子屋(試験直前の個別指導)

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

  • ゼミ(電験一種、電験二種向け)

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

  • 合格祝賀会

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

授業風景

 

授業風景

 

授業風景

  授業風景

 

入学説明会

 
入学説明会<予約は不要です>

9月9日(土) 9月10日(日) 9月16日(土) 9月17日(日)

<13時開始16時まで>


★当学院の理念や指導方針などをご理解の上、お入りいただきたいと考えております。
 そのため、毎年9月に4回、説明会を開催しOBや生徒たちから話を聞いていただく時間も設けております。
  ★説明会の日においでになれなかった方は、いつでもおいでいただいて結構です。説明会と同じように
 ご説明し、教室その他を見ていただきます。
  ★おいでになった場合でも営業はいたしません。
 「入学なさるかどうかは、説明をお聞きになった上でご自分でお考えください」と申し上げております。

 

電気主任技術者試験(通称:電験)とは?

電気は現在の社会生活において、なくてはならないものですし便利なエネルギーですが、取り扱いに注意をしないと非常に危険なものになります。
このため、一定以上の大型の設備では電気設備の工事・維持および運用を行う主任技術者が必要になります。

この主任技術者になるためには、国家資格である電気主任技術者資格試験(通称、電験)に合格する必要があります。
電験は電気技術者の技術レベルを図る指標としても非常に有効です。電験の試験は、毎年夏に行われます。
(詳しくは財団法人 電気技術者試験センターをご覧ください)

東京電気学院では「電気は便利なエネルギーであるが危険物でもある」という当然の認識を持っています。
ですから、試験に合格することだけでなく、真の電気技術者を育成することを目的として活動を続けて来ました。

その結果、「説明が分かり易く、安心感がもてると言われる」「仕事上でも本質的なことから考えるようになった」「理論と仕事が結びついて仕事が面白くなってきた」などというOBがたくさんいます。

多くの教育講座で成果が上がらなかった方や新しい時代に向けて資格を取得しようとする方、当学院にお茶を飲みにきませんか?
お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

資料請求はこちらE-MAIL:info@e-denken.jp
▲資料請求はこちら